妖怪カメラマン「ぬらりひょん」の写真ブログ

神奈川県小田原市を中心に神奈川県西部、伊豆箱根で撮影した風景、イベント、旅行などで撮影した写真を掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

皇居参観サプライズ・皇后美智子さま(2011年撮影)

皇居「吹上御苑」参観でのサプライズ!

参観を終了し、希望者のみ(今回は20名くらい)皇居内の通路を通り「東御苑」へ。
移動中、何故か宮内庁職員の動きがあわただしい?
と思ったら、
突然、通路脇に1列で並ぶように指示が・・・
何事かと思ったら、これから「皇后美智子さま」がお車でお通りになるとの事。
思いがけない嬉しいサプライズでした。


・皇后さまのお写真を撮影しても良いかと宮内庁の方に聞いたら許可が。
 お車の中の皇后さまを撮影することが出来ました。
 (それにしても寒いのに、我々の為に窓を前回にしてお手を振って頂けるとは・・・
  これ以上無い喜びでした。)


※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。



本編の写真(2枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でもご覧になれます。
(但し、このブログの写真と全て同一ですが(笑))
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



20120130_0001.jpg

20120130_0002.jpg



〔撮影日:2011年1月26日〕


HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/30(月) 22:07:34|
  2. 風景(都内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HP更新/皇居「吹上御苑」参観(2011年撮影)

皇居「吹上御苑」参観。

普段は自由に入れない皇居・吹上御苑。
しかし、一日に2回(10:00~と13:30~)
事前に宮内庁のHP等より事前予約を行えば入ることが出来ます。
(1回の参観者数は約300名、所要時間は1時間15分との事です。)

一度は皇居内の様子を見てみたいと、
今回、川崎大師初詣のついでに出掛けてみました。

ま~参観そのものは、建物内に入れる訳でもないし、
宮内庁の職員の引率(列を乱したり、写真を撮るために勝手に立ち止まると、やさしく注意される。(写真撮影は自由))
での見学なので自由度は無いが、良い経験でとても楽しめました。


※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。




本編の写真(39枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でご覧になれます。
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



●『桔梗門』
 参観の集合場所。
 事前に入手した許可証を確認され入場します。
20120129_0001.jpg


●『窓明館(休所)』
 まずは窓明館に入り係りの人より説明、ビデオを鑑賞。(約10~15分)
 またここでしか買えない菊の御紋入りのお土産などを購入。
 (お土産を購入するのはこの時しか出来ません。それにしても全ての商品が意外と安い・・・)
20120129_0002.jpg


●『富士見櫓』
 江戸城旧本丸の東南隅に位置する富士見櫓。
 江戸城天守閣焼失(明暦3年)後には天守閣として代用されたとの事です。
20120129_0003.jpg


●『宮内庁庁舎』
 テレビなどでも良く見ることがある宮内庁庁舎。
 昭和10年に建築され、昭和43年に宮殿が完成するまでは仮宮殿としても使われたことがある立派な建物です。
 (う・・・冬の午後の参観だと、モロに逆光・・・撮影が出来ない(泣))
20120129_0004.jpg


●『坂下門』
 現在は、宮内庁への出入り口として使用されている坂下門です。
20120129_0005.jpg


●『宮殿』
 宮殿の表玄関南車寄せ、新年1月2日と天皇誕生日に行われる一般参賀で使用される長和殿。そして宮殿東庭です。
 (この場所も逆光。撮影はつらい・・・)
20120129_0006.jpg

20120129_0007.jpg

20120129_0008.jpg


●『伏見櫓』
 伏見櫓は江戸城築城の際、京都伏見城から移築したものだそうです。
20120129_0011.jpg


●『正門鉄橋(二重橋)からの正門、正門石橋』
 正門から宮殿に向かう途中にある橋「正門鉄橋」。
 この場所は堀が深いので江戸時代には橋桁を上下二重に組んで橋の上に橋を作っていたので「二重橋」と呼ばれていたそうです。
 現在は鉄製の橋が架かっています。
 この場所からは、正門、正門石橋方面を見ることが出来ます。
 (参観はここで引き返し。元の桔梗門方向へ戻ります。)
20120129_0009.jpg

20120129_0010.jpg


●空掘り
 吹上御苑内には空掘りもあります。
20120129_0012.jpg


●『元枢密院庁舎』
 窓明館を出て直ぐの場所にある元枢密院庁舎。
 現在の国会議事堂のモデルになった建物と言われています。
 残念ながら今回は改修中。
 工事の道具などが置かれていてちょっと絵にはなりませんでした。
 (元枢密院庁舎は通常の参観では横から眺めるだけ。但し、吹上御苑参観後に東御苑へ向かう場合、
  建物の正面を通ることが出来ます。)
20120129_0013.jpg



以上で、皇居「吹上御苑」参観は終了。
今回の参観は団体客(バス4台)と一緒だった為、約2.2キロの行程を移動するのに約1時間20分(通常は1時間位)。
あまりにゆっくり過ぎる移動の為かえって疲れた。(笑)
また、写真撮影と言う観点で言うと皇居「吹上御苑」参観は写真を撮り難い。
主ポイントでは立ち止まり、写真も撮れるのですが・・・
移動中に立ち止まったり、列を乱すと直ぐに係員からやさしく注意が!
でも普段は入れない皇居吹上御苑。
良い経験をさせてもらいました。


〔撮影日:2011年1月26日〕


HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/29(日) 21:29:46|
  2. 風景(都内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HP更新/皇居外苑[皇居前広場周辺](2011年撮影)

川崎大師初詣のために、
折角都心部に出て来たのだからと、
大師初詣の後は、今年も都心部の観光に!

今回、出掛けた先は東京の中心。
『皇居』
皇居とは言っても、
今回は普段自由に入れる外苑、北の丸、東御苑などではなく宮殿がある吹上御苑。
吹上御苑は天皇・皇后の住居である「御所」、「宮内庁庁舎」などがあり
天皇誕生日や正月の一般参賀以外は一般開放はされていない場所。
しかし・・・
調べてみると、事前に宮内庁のHP等より事前予約を行えば入ることが・・・
と言う事で、私も事前予約を行い「皇居吹上御苑」参観に参加してきました。

写真は、
車を止めた「八重洲地下駐車場」から「皇居吹上御苑」参観の入り口「桔梗門」へ向かう途中の
皇居外苑/皇居前広場周辺で撮影した写真です。
自然豊かな(松の木が植わっている)芝生広場、お堀り越に見るビル郡。
とても良い雰囲気です。



※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。



本編の写真(13枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でご覧になれます。
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



20120122_0001.jpg

20120122_0002.jpg

20120122_0003.jpg

20120122_0004.jpg



〔撮影日:2011年1月26日〕


HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/22(日) 21:40:41|
  2. 風景(都内)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HP更新/2011年初詣・川崎大師(2011年撮影)

2011年も我が家の恒例行事。
1月も落ち着いてからの川崎大師への初詣へ。
例年の行事なので、写真も例年の如く同じ様な写真ばかし・・・
でも、まー恒例行事なので許してください。(笑)



※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。



本編の写真(29枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でご覧になれます。
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



20120121_0001.jpg

20120121_0002.jpg

20120121_0003.jpg

20120121_0004.jpg

20120121_0005.jpg

20120121_0006.jpg



〔撮影日:2011年1月26日〕


HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/21(土) 22:36:09|
  2. 神奈川県川崎市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HP更新/二宮吾妻山公園の早咲きの「菜の花」と「富士山」(2011年撮影)

まだ1月。
季節は冬真っ只中の中、
ちょっと早い春を感じようと、一年ぶりに
神奈川県二宮町の公園『二宮吾妻山公園』へプチハイキング。

二宮吾妻山公園の山頂の芝生広場は、ちょっと早めの春模様。
抜群の眺望(相模湾、伊豆半島、箱根山系、丹沢山系、そして富士山)。
そして見事に咲き誇る「菜の花」。
一年ぶりにこの場所に訪れたが、相変わらずの見事さです。

それにしても人が多い・・・
NHKなどのニュースで毎年放映されているからか、物凄い人。
(人のことは言えないが、カメラマンが凄い。)
富士山と菜の花のベストショットの場所は撮影待ちが出来るほどでした。(笑)


※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。



本編の写真(17枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でご覧になれます。
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



20120120_0009.jpg

20120120_0010.jpg

20120120_0011.jpg

20120120_0012.jpg



〔撮影日:2011年1月18日〕


HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/20(金) 22:35:12|
  2. 神奈川県中郡二宮町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HP更新/2011年大磯の左義長(2011年撮影)

前回の記事で今年(2012年)の「大磯左義長」をUP済みにも拘らず、
今更せはありますが、昨年(2011年)分の写真のUPです。(汗)

神奈川県大磯町の大磯北浜海岸(大磯海水浴場)で行われた炎の祭。
国指定重要無形民族文化財にも指定されている『大磯左義長』。
海岸には9基の藁と竹で出来たサイトと呼ばれる塔が。
日も暮れた夜7時になるとサイトに一斉に火が付けられます。
火も下火になると廻りには団子を焼く地元の方たちが!
(この火で焼いただんごを食べると、風邪をひかないと言う事です。)
また、海辺では若い衆が下帯姿で海に入り小さなお宮さんを乗せたソリ状ものを利用し陸と海とで綱引きが行われます。

大磯左義長は思いの他、人出も多く
炎のお祭らしく豪快。
絵になるお祭でした。


※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。



本編の写真(42枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でご覧になれます。
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



20120120_0001.jpg

20120120_0002.jpg

20120120_0003.jpg

20120120_0004.jpg

20120120_0005.jpg

20120120_0006.jpg

20120120_0007.jpg

20120120_0008.jpg


〔撮影日:2011年1月15日〕


HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/20(金) 19:41:06|
  2. 神奈川県中郡大磯町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年大磯の左義長〔予告編〕

本編のUPが一向に進んでいないのに、引き続き予告編です。(汗)


今回の写真は、神奈川県大磯町の北浜海岸(大磯海水浴場)で行われた
『2012年大磯左義長』
(そ~言えば、まだ昨年撮影したこのイベントの写真もUP出来ていない・・・(汗、汗、汗))

大磯左義長を撮影するのは昨年に引き続き2回目。
昨年は流れが殆ど判らなかったが、2回目となる今回はちょっとは楽に撮影が・・・
(でも、良い写真が撮れるとは限らないのがミソ・・・)
しかしこのイベント、撮影が非常に難しい。

9つあるサイトに火が入るまでは物凄く暗い。(唯一ひとつのサイトのみ多少の明かりが)
サイトに炎が入ると其の廻りは物凄く明るくなるのだが・・・
廻りとの露出差が激しい。
そして若衆の「やんなごっこ(海に入る)」は見ものではあるが・・・
撮影は殆ど無謀な状態。
また、人出も物凄く多く(団子を焼く人、見学者、カメラマン、etc)撮影場所を確保するのも大変。
(カメラマンの中には、三脚を使用している人も居るが・・・
 この人の多い状態では危険だし、はた迷惑。
 そもそも、動きのある被写体を撮影するのに三脚の必要性はあるのか・・・
 と思うのは私だけか???←遠目から全体を撮影するのならわかるが)
と言う事で、今年もまともな写真はなかなか撮影できませんでした。


※若衆の「やんなごっこ(海に入る)」の撮影。
 ストロボ嫌いの私。
 (ストロボは、創意工夫をすれば素晴らしい写真も撮影出来る可能性もあるが、普通にカメラ任せでは折角の雰囲気が壊れてしまうので)
 今年もストロボは持参せず。
 しかし、若衆の「やんなごっこ(海に入る)」の撮影はそのままでは無理。
 仕方なしに、近くに居た小田原ケーブルTVのビデオライトが点灯している瞬間を利用して撮影。
 でも、他人のライトを(勝手に)使用した写真では旨く撮影できませんね(笑)。



20120115_0009.jpg

20120115_0010.jpg

20120115_0011.jpg

20120115_0012.jpg

20120115_0013.jpg

20120115_0014.jpg

20120115_0015.jpg

20120115_0016.jpg

20120115_0017.jpg

20120115_0018.jpg

20120115_0019.jpg



〔撮影日:2012年1月14日〕

※本編のUPは未整理画像が大量に溜まっている為、暫く先となってしまいます。


関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/15(日) 22:04:21|
  2. 予告編の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2011-2012あしかがフラワーパーク「光の花の庭」〔予告編〕

予告編です。


日帰りバスツアー最後の訪問地は
藤の花で有名な「あしかがフラワーパーク」のイルミネーション。

あしかがフラワーパークのイルミネーションは「光の花の庭」と題し、
広い園内一杯に約150万球のLEDが!
約1,200畳の大藤棚に藤の花に見立てたイルミネーション。
大型のクリスマスツリー。
そして何より感動的なのは、池に写り込むイルミネーション。
寒さを忘れ、幻想的な雰囲気に感動です。



20120115_0001.jpg

20120115_0002.jpg

20120115_0003.jpg

20120115_0004.jpg

20120115_0005.jpg

20120115_0006.jpg

20120115_0007.jpg

20120115_0008.jpg



〔撮影日:2012年1月7日〕

※本編のUPは未整理画像が大量に溜まっている為、暫く先となってしまいます。


関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/15(日) 18:59:21|
  2. 予告編の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鑁阿寺(ばんなじ)〔予告編〕

予告編です。


足利学校の後は、
足利学校から徒歩で数分の場所にある「鑁阿寺(ばんなじ)」へ

鑁阿寺は元は足利氏の館(やかた)であり、
四方に門、寺の境内の周りには今も土塁と堀がめぐっており館(やかた)であった面影が残っています。



20120114_0001.jpg

20120114_0002.jpg

20120114_0003.jpg

20120114_0004.jpg



〔撮影日:2012年1月7日〕

※本編のUPは未整理画像が大量に溜まっている為、暫く先となってしまいます。


関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/14(土) 23:10:03|
  2. 予告編の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

足利学校〔予告編〕

予告編です。


日帰りバスツアー3箇所目は「足利」。
まずは日本で最も古い学校として知られる「足利学校」を見学。



20120113_0006.jpg

20120113_0007.jpg

20120113_0008.jpg

20120113_0009.jpg

20120113_0010.jpg

20120113_0011.jpg



〔撮影日:2012年1月7日〕

※本編のUPは未整理画像が大量に溜まっている為、暫く先となってしまいます。


関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/13(金) 21:48:46|
  2. 予告編の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012初詣・佐野厄除け大師〔予告編〕

予告編です。


日帰りバスツアー2箇所目の訪問地は、
栃木県佐野市にある「佐野厄除け大師」。

佐野厄除け大師の正式名称は「惣宗寺(そうしゅうじ)」
天台宗のお寺で、青柳大師、川越大師と共に「関東の三大師」の一つに数えられ、賑わいのあります。
(でも、ここより大きな川崎大師が「三大師」に入っていないのが不思議・・・)
そして何より、年末年始に流れるテレビコマーシャル(笑)。
一度は参詣してみたいと思っていたお寺です。



20120113_0001.jpg

20120113_0002.jpg

20120113_0003.jpg

20120113_0004.jpg

20120113_0005.jpg



〔撮影日:2012年1月7日〕

※本編のUPは未整理画像が大量に溜まっている為、暫く先となってしまいます。


関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/13(金) 16:52:40|
  2. 予告編の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小江戸『川越』散策〔予告編〕

予告編です。


未整理画像が1年分以上溜まっているにも拘らず、またまた撮影に・・・

今回の撮影は日帰りバスツアー。
行き先は「川越」「佐野厄除け大師」「足利学校」そして「足利フラワーパーク(イルミネーション)」。
さすがにツアーだけあって日帰りなのに色々&沢山の訪問(観光)。
個人ではなかなかこれだけの場所を一日で廻ることは難しいのに・・・
ツアー冥利ですね。
(其の分、個人的な自由度は少ないですが(笑))

まずは、最初の訪問地「小江戸『川越』」の写真をUPします。


●川越と言ったらまずは「時の鐘」。
 川越のシンボル的な建物です。
20120112_0001.jpg


●蔵造りの町並「一番街」。
20120112_0002.jpg

20120112_0003.jpg


●菓子屋・駄菓子屋がひしめく有名なスポット「菓子屋横丁」。
20120112_0004.jpg


●川越散策中に出会った何か?演劇の宣伝。
 川越の町並みには和服が似合いますね。
 (尚、写真の女性に見える和服の方は、良く見ると・・・男性でした。(笑))
20120112_0005.jpg

20120112_0006.jpg


●川越には古い洋館も(埼玉りそな銀行(大正7年))
 思いの他、古い蔵造りの町並と調和しています。)
20120112_0007.jpg



〔撮影日:2012年1月7日〕

※本編のUPは未整理画像が大量に溜まっている為、暫く先となってしまいます。


関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/12(木) 23:21:13|
  2. 予告編の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

HP更新/2010-11年相模湖イルミリオン(2011年撮影)

日暮れ後は、高速道路無料化実験の恩恵を享受(富士五湖道路・山梨湖IC-中央高速・大槻JCが無料)し相模湖へ。
この日最後&最大の目的地。
相模湖プレジャーフォレスト(旧ピクニックランド)で行われているイルミネーション
『さがみ湖イルミリオン2010-11』

ここのイルミネーションは約200万球のLEDを使用した関東最大級のイルミネーション。
流石にこれだけのLEDを使用したイルミネーションだと凄いの一言。
相模湖プレジャーフォレストの広大な敷地一杯に
色々な色のイルミネーションで溢れかえっています。

相模湖プレジャーフォレストは山の斜面にある施設。
当然。イルミネーションも山の斜面。
平地にあるイルミネーションと違って、下から見上げると山全体がイルミネーションに染まって素晴らしい。
でも、歩き回って見学するには、
ちょっとした坂道を歩かなければいけないので(ま~大したことではないのだが)・・・
少し大変かも。(笑)


※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。


本編の写真(49枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でご覧になれます。
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



20120110_0001.jpg

20120110_0002.jpg

20120110_0003.jpg

20120110_0004.jpg

20120110_0005.jpg

20120110_0006.jpg

20120110_0007.jpg



〔撮影日:2011年1月5日〕


HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/10(火) 22:07:11|
  2. 神奈川県相模原市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HP更新/山中湖「花の都公園」からの富士山と温室(2011年撮影)

冬のこの時期。
山中湖周辺からは富士山山頂付近に沈む太陽(ダイヤモンド富士)を見ることが出来ます。
(ま~今回は正確に富士山頂の天辺に沈むダイヤモンド富士にならない事は事前にわかっていましたが・・・)

その富士山に沈む太陽を見る為に、山中湖「花の都公園」移動。
富士山頂付近に沈む太陽を撮影してきました。
それにしても露出が難しい・・・
太陽の形を残すと、富士山はシルエットになってしまうし、
富士山を出すと太陽の形が出ない。
まだまだ私には技術的に難しい被写体でした。

写真は山頂付近に沈む太陽と富士山。
そして、富士山撮影後に入った、冬季無料開放されている温室の花々です。


※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。



本編の写真(25枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でご覧になれます。
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



20120109_0002.jpg


20120109_0003.jpg

20120109_0004.jpg

20120109_0005.jpg

20120109_0006.jpg



〔撮影日:2011年1月5日〕


HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/09(月) 22:19:25|
  2. 山梨県南都留郡山中湖村
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HP更新/道の駅「富士吉田」(富士山レーダードーム館)(2011年撮影)

本編の写真(HP更新)に戻ります。
(とは言っても今回は写真2枚(笑))

富士吉田にある『北口本宮冨士浅間神社』の後、トイレ休憩の為にちょっと立ち寄った
道の駅『富士吉田』

この道の駅「富士吉田」は思いの他大きく、見所が一杯。
地ビールが楽しめるレストランやお土産屋。、
スケートリンクがある多目的ホール「富士山アリーナ」。
昔、富士山山頂にあった気象レーダードームを展示する「富士山レーダードーム館」
そして、近くには富士山親水公園や富士吉田市立歴史民俗博物館など
この場所だけでも、ちょっとした観光が出来てしまいます。

でも、今回は時間が無かったので・・・
UP写真は、富士山レーダードーム館を遠目から撮影した写真2枚。
次回はもっとしっかりと楽しもうと思います。



※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。



本編の写真(2枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でご覧になれます。
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



20120109_0001.jpg


〔撮影日:2011年1月5日〕


HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/09(月) 19:38:59|
  2. 山梨県富士吉田市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年正月/足柄峠(足柄城跡)から見た富士山〔予告編〕

予告編です。


「道了尊」で初詣を済ませた後は、
足柄峠(足柄城跡)から富士山を!

道了尊に行くときには曇り空で見えなかった富士山が、
お参りを済ませ、駐車場に戻ってみると真っ白な雪をまとった富士山が!!
と言う事で初詣の後、足柄峠に行って見ました。

足柄峠(足柄城跡)から見る富士山は、このblogでも何回もUPしているが、
何回見ても飽きない。
雄大な富士のすそ野が一望でき
富士山の形も左右対称で凸凹も少なくカッコが良い。
色々な場所で富士山を見てきたが、私にとって一番の富士山です。


(それにしても、最近「富士山」のUPが多い気がする・・・(笑))



20120104_0017.jpg

20120104_0018.jpg

20120104_0019.jpg




〔撮影日:2012年1月3日〕

※本編のUPは未整理画像が大量に溜まっている為、暫く先となってしまいます。


関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/04(水) 22:17:08|
  2. 予告編の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年初詣/大雄山最乗寺(道了尊)〔予告編〕

予告編です。

元旦の夜中に出掛けた箱根神社での初詣があまり落ち着けなかった
(花火を見ていたのでお参りするときには大混雑)
ので、再度「初詣」に(笑)。

今回出掛けたのは神奈川県南足柄市にある
「大雄山最乗寺(道了尊)」
出掛けた日が正月も3日。
それも10時前ということもあり、比較的落ち着いてお参りすることが!
(但し、11時過ぎには御真殿へのお参りには規制が入っていました。)
お陰で、本堂内でのご焼香、御真殿内でのお参り、奥の院内での線香をあげるなど
ゆっくりとお参りすることが出来ました。


※大雄山最乗寺も正月三が日は車両規制が!
 その為、お参りするには大雄山線の大雄山駅近くにある臨時無料駐車場からシャトルバス(片道300円)に乗る必要があります。


●まずは本堂のある場所からお参り。
20120104_0008.jpg

20120104_0009.jpg

20120104_0010.jpg

・本堂内では自由にご焼香をすることが出来ました。
 (本堂内の写真を撮影してしまったが、良かったのだろうか??⇒特に撮影禁止とは書いてなかったが・・・)
20120104_0011.jpg


●天狗の像が門を守っている結界門
 この先は境内内でもさらに神聖な場所となっています。
20120104_0012.jpg


●御真殿
 この場所では護摩が焚かれ、お坊さんがお経をあげていました。
 (御真殿も自由に入れますが、写真撮影は禁止となっていました。)
20120104_0013.jpg


●奥の院への階段。
 奥の院へ向かう約350段。
 この階段を目の前に、奥の院へのお参りをどうしようか悩んだが・・・
 正月と言うこともあり、勇気を振り絞って登ってみました。(笑)
20120104_0014.jpg


●奥の院
 奥の院の内部も自由に出入りが出来ます。
 また、備え付けのお線香をあげてお参りすることが可能です。
 (内部の写真撮影は禁止となっていました。)
20120104_0015.jpg

20120104_0016.jpg



〔撮影日:2012年1月3日〕

※本編のUPは未整理画像が大量に溜まっている為、暫く先となってしまいます。


関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/04(水) 21:27:58|
  2. 予告編の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2012年元旦/箱根神社初詣と芦ノ湖冬花火〔予告編〕

予告編です。

2012年の撮り始めは元旦の深夜。
箱根神社初詣と芦ノ湖湖畔(元箱根)の冬花火(ニューイヤー花火)の撮影に!

芦ノ湖湖畔で新年に変わった午前0時から花火を打ち上げると言う事で、
今年は珍しく元旦初日に初詣(箱根神社)と花火撮影に出掛けてきました。
芦ノ湖湖畔には12月31日午後11時に到着したにも係わらず、既に箱根神社の駐車場は満車。
仕方が無いので、ちょっと離れた湖畔の駐車場へ駐車。
急いで、箱根神社へ徒歩で移動。
箱根神社の河畔に浮かび鳥居の下で花火が始まるのを待つことに。

花火の打ち上げ数&時間(15~20分位)は予想通り短め。
しかし、冬の澄んだ夜空に打ちあがる花火は格別。
其の上、大玉の打ち上げもあり予想以上の内容でした。(来たかいがあった(笑))
しかし・・・
花火が終わった後、お参りをしようと神社に向かうと・・・
お参りをする人の大行列が!
いったいどこからこれだけの人が、深夜&極寒の箱根山に・・・
参りました。(笑)



20120104_0001.jpg

20120104_0002.jpg

20120104_0003.jpg

20120104_0004.jpg

20120104_0005.jpg

20120104_0006.jpg

20120104_0007.jpg



〔撮影日:2012年1月1日〕

※本編のUPは未整理画像が大量に溜まっている為、暫く先となってしまいます。


関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/04(水) 18:32:10|
  2. 予告編の写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HP更新/2011年初詣・北口本宮冨士浅間神社(2011年撮影)

2011年初詣は富士吉田にある『北口本宮冨士浅間神社』へ。

山中湖方面から河口湖方面に向かう途中にある神社「浅間神社」。
以前から気になっていて、一度は訪れたいと考えていた場所「浅間神社」に初詣に。

いくらお正月でも既に5日。
街中の神社でもないので、ほとんど人はいないと思っていたのですが・・・
大違い。
境内には露店なども出ていて、御参りをするのにも列に並ぶ必要が。
予想以上に広い境内と、お正月らしい賑わい。
とても良い初詣になりました。


※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。



本編の写真(14枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でご覧になれます。
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



20120102_0001.jpg

20120102_0002.jpg

20120102_0003.jpg

20120102_0004.jpg

20120102_0005.jpg



〔撮影日:2011年1月5日〕



HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/02(月) 17:35:44|
  2. 山梨県富士吉田市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Blog内のカテゴリー修正中。

Blog内で設定しているカテゴリーがあまりに多くなりすぎてしまって、
対処が難しい・・・
その為、現在Blog内カテゴリーを見直し、修正中です。

主な変更内容は、
 ・撮影地詳細で設定してあった ⇒都道府県&市町村別に変更
 ・HP(WestForm PHOTO Gallary)更新 を廃止(都道府県&市町村別毎のカテゴリーに)

カテゴリーから検索する場合、以前の「撮影地詳細」が判り易いと思われるのですが・・・
管理が大変な為、変更することとしました。

尚、撮影地詳細の写真を見るには
HP(http://westform.bob.buttobi.net/)の
旧作写真(写真保管庫)(http://westform.bob.buttobi.net/index_2.html
にて撮影都道府県&市町村&詳細で分類掲載していますので、そちらをご覧下さい。


関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/02(月) 13:03:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HP更新/正月仕様の富士仏舎利塔平和公園と富士山(2011年撮影)

富士吉田にある浅間神社に初詣に向かう途中、
あまりにも綺麗な富士山が見えるもので予定外の立ち寄りを!

立ち寄った先は春には見事な櫻が咲き誇る
「富士仏舎利塔平和公園」

この場所、櫻の時期には日本人よりアジア系の外国人の方が多いので
なかなか落ち着いて見学できないのですが・・・
今回は、正月と言うこともあり静か。
目的の「富士山」は当然の事、正月仕様の仏舎利塔などとても良い雰囲気。

予定外の立ち寄りでしたが、思わず時間をかけて見学してしまいました。


※今回掲載した写真は新作とは言っても約1年前に撮影した写真です。
 最近の写真では無いので注意してください。



本編の写真(17枚)はHP(WestForm PHOTO Gallary)でご覧になれます。
HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary



20120101_0002.jpg

20120101_0003.jpg

20120101_0004.jpg

20120101_0005.jpg

20120101_0006.jpg

20120101_0007.jpg



〔撮影日:2011年1月5日〕



HPへのリンク⇒WestForm PHOTO Gallary

関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/01(日) 18:17:58|
  2. 静岡県御殿場市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年(2012年元旦)

謹賀新年

昨年は大震災など色々と大変なことがありましたが
2012年は良い年でありますように。


20120101_0001.jpg

写真は2012年の撮り始め。
箱根芦ノ湖(元箱根)の冬花火(ニューイヤー花火/2012年午前0時開始)です。
今年は珍しく元旦初日に初詣(箱根神社)へ
極寒のなか箱根神社の鳥居の下から花火を撮影してみました。


2012年元旦
関連記事

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/01(日) 09:12:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

妖怪カメラマン「ぬらりひょん」

Author:妖怪カメラマン「ぬらりひょん」
FC2ブログへようこそ!

只今の時刻

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。