妖怪カメラマン「ぬらりひょん」の写真ブログ

神奈川県小田原市を中心に神奈川県西部、伊豆箱根で撮影した風景、イベント、旅行などで撮影した写真を掲載しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Blog内のカテゴリー修正中。

Blog内で設定しているカテゴリーがあまりに多くなりすぎてしまって、
対処が難しい・・・
その為、現在Blog内カテゴリーを見直し、修正中です。

主な変更内容は、
 ・撮影地詳細で設定してあった ⇒都道府県&市町村別に変更
 ・HP(WestForm PHOTO Gallary)更新 を廃止(都道府県&市町村別毎のカテゴリーに)

カテゴリーから検索する場合、以前の「撮影地詳細」が判り易いと思われるのですが・・・
管理が大変な為、変更することとしました。

尚、撮影地詳細の写真を見るには
HP(http://westform.bob.buttobi.net/)の
旧作写真(写真保管庫)(http://westform.bob.buttobi.net/index_2.html
にて撮影都道府県&市町村&詳細で分類掲載していますので、そちらをご覧下さい。


スポンサーサイト

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/02(月) 13:03:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

謹賀新年(2012年元旦)

謹賀新年

昨年は大震災など色々と大変なことがありましたが
2012年は良い年でありますように。


20120101_0001.jpg

写真は2012年の撮り始め。
箱根芦ノ湖(元箱根)の冬花火(ニューイヤー花火/2012年午前0時開始)です。
今年は珍しく元旦初日に初詣(箱根神社)へ
極寒のなか箱根神社の鳥居の下から花火を撮影してみました。


2012年元旦

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/01(日) 09:12:06|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2台目のAndroidスマートフォン「DELL Streak」

Androidスマートフォン(レグポン(IS04))の話が続いているので、
今回は2台目スマートフォンとして導入した「DELL Streak」の話をしてみたいと思います。


私の「DELL Streak」はウィルコムが販売していた「X PLATE」とセット販売されていたもの。
このスマートフォンを購入した理由は、親用の携帯電話(殆ど使用していないが(笑))の買い替えの為、機種を検討。
比較的料金の安いウィルコムの電話を購入したのが理由。
(ま~折角なので「オモチャ(DELL Streak)」がついている「X PLATE」とセットを購入)

半分は遊びで購入「DELL Streak」。
何より購入前は中途半端と思っていたサイズが使用してみると絶妙。
メインで使用しているIS04と比較しても1インチ大きい液晶(Streakは5インチ液晶を採用)
この1インチの差が使用感を大幅に向上させている。
そして巨体の大きさもギリギリではあるが持ち運びが苦にならない大きさ。(服のポケットにも入る)
私のお気に入りの端末となってしまいました。

この「DELL Streak」。当初は通信費を抑制する為にSIM無しで運用。(自宅無線LAN(WiFi)専用機)してきたのですが、、、
使いやすさから、いつの間にかSIMを挿入しデータ通信のメイン機器となってしまいました。
(尚、ウイルコムが販売していた「DELL Streak」は電話(音声通信)はサポートしていません。)
(おかげでレグポン(IS04)はISフラットからダブル定額に変更。ちょっと不自由な運用となってしまいました。)



【DELL Streakの気に入っている点】
 1.電池の持ちが物凄く良い。
  (正確に調査した訳では無いが、レグポン(IS04)の倍以上持つ気がする。)
 2.当初は中途半端と思っていたサイズ(5インチ液晶)が使用してみると絶妙。
 3.音楽プレーヤー(PowerAMP Music Player)で聞く音がレグポン(IS04)より個人的に気に入っている。
  (デフォルト状態だとちょっと「カシャカシャ」なのですが、イコライザーでいじると激変。)
 4.非公式ながらOSレベル(非Root状態で可能)テザリングが可能。←(Android Ver.2.2.2/Build No.17957)
  (但し、ユーザーに利用されたくない模様でメニューからは削除されていますが・・・)

   ◆隠されているテザリング機能を有効化する手順
    Ⅰ.テザリングを有効にする方法
      ①.ウィジェットアプリ「widgetsoid」をAndroidマーケットからインストールする。
      ②.ウイジェットを配置する(widgetsoid Switcher⇒NetWork⇒ポータブルアクセスポイントトグルを選択)
      ③.配置されたウィジェット(ポータブルアクセスポイントトグル)をONにする。
      ・これだけで「DELL Streak」のWiFiルーター(テザリング)化が有効になります。
       テザリングを中止したい場合は、再度ウィジェットをタッチ(OFF)すればテザリングは中止されます。
      註1)この状態ではセキュリティが掛かっていない為、誰もがアクセス可能な状態となります。
         (場合によっては、見知らぬ他人の為にパケット料金を払うこととなってしまうので注意が必要です。)
      註2)テザリングを有効にした場合、DELL Streak自身は3Gパケット通信のみの通信となります。
         (WiFiアクセスポイントへのアクセスは出来ません。)
         (テザリングをOFFすれば再度WiFiアクセスポイントへのアクセスは可能となります。)
    Ⅱ.テザリングセキュリティの強化
      上記「Ⅰ」の方法だけだとセキュリティの何も無いオープンなWiFiとなってしまうので、下記アプリをインストールし
      セキュリティを強化します。
       ①.「Mobile AP Shortcut」をAndroidマーケットからインストールする。
       ②.DELL StreakのWiFiが有効になっていたら無効に変更する。
       ③.「Mobile AP Shortcut」を起動し
         1)「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をチェック
         2)「ルWi-Fiアクセスポイントを設定」を選択肢し、ポップアップされた画面に
           ・ネットワークSSID  :任意の名前(この名前がWiFi名となる)
           ・セキュリティ    :WPA2 PSK を選択
           ・パスワード     :任意の名前(この名前がWiFiに繋ぐためのパスワードとなる)
       これでセキュリティの強化が完了(一度設定すれば良い)。
       この操作を行った後は、「Ⅰ」の操作だけでセキュリティの通ったテザリングが可能となります。
       註1)Android端末を利用したテザリング機能は通信会社(この場合はSoftBank)は認めていません。
          その為、パケット料金が定額内に納まる保障は一切無いので注意が必要です。
          (2011年8月現在は定額内に納まっているみたいですが、いきなり無制限の課金状態になるかも知れません。)
       註2)このテザリングはメーカーがカスタマイズしたAndoroid_OSの穴を突いて実現しています。
          今後OSのバージョンアップやケイタイアップデートなどによりテザリングが不可能になる可能性があります。
          この機能を今後も有効に利用したい場合、OSのバージョンアップをするか否可の判断が必要となります。




【DELL Streakの欠点】
 1.やはり大きいだけあってちょっと重い。(苦になるレベルでは無いが)
 2.電源ケーブル(USBケーブル兼用)が専用品。(汎用のケーブルを利用できない)
 3.ウィルコムが販売していた「DELL Streak」はソフトバンクの「001DL」のOEMの為、一部インストールされている機能に制限がある。
 4.電話(音声通話)がサポートされていない。
  (機械的には使用できるのですが、付属のSIMカードがデータ通信専用の為)



「DELL Streak」多少は欠点があるスマートフォンではあるが非常に気に入っています。
(特にテザリング機能が使える点)
現在は必要性をあまり感じていないので私はroot化などしていませんが、必要ならroot化の持ちもあるし・・・
当分はメインのデータ通信機器として使用していきたいと思っています。



★以上でAndroidのお話は一旦終了。
 次回からは本来の写真Blogの記事に戻したいと思います。



テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/26(土) 11:06:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

android端末(レグポン・IS04)のデータ通信量(料)抑制対策

何故かレグポン(IS04)のroot化を実施して以来、写真Blogではなく
Androidスマートフォンのサイトもどきになっている(笑)
と言う事で今回もAndroidスマートフォンのお話です。


レグポン(IS04)に係わらず、現在のAndroid端末は何も操作しなくても勝手にパケット通信を行ってしまいます。
単に電源を入れておくだけでも1日に300~500パケット
それにメールの送受信、アプリケーションの更新(勝手に自動更新を確認するものもある)、Webなどのチェック
動画などを見なくてもすぐにダブル定額の上限など超えてしまいます。
(かえってパケットし放題(ISフラット)の方が安くなる場合が多い位です。)
そこで私が実践しているデータ通信(パケット)量抑制対策を紹介いたします。


 ※良くPocketWiFi機器やオープンWiFiポイント等を利用しているからデータ通信(パケット)料が安くなる(又は掛からない)と
  思っている方がいるみたいですが・・・
  それは勘違いです。
  (ま~データ通信(パケット)量は少なくなりますが・・・通常の使用であればダブル定額の上限など直ぐに超えてしまいます)
  その理由は端末がスリープモードに入った場合やPocketWiFi機器等と通信が途絶えた場合など、
  何も設定していないと自動的に3Gパケット通信に切り替わってしまうからです。
  又、EメールなどWiFi環境では送受信されない機能のアプリケーションもWiFi接続時でも自動で3Gパケット通信を行ってし
  まいます。
  ⇒PocketWiFi機器等を利用している場合も、データ通信量(料)を抑制するには下記対策をすることをお勧めいたします。




【対策①】OSの自動通信関連設定をOFFにする。
  1) 3Gネットワークを用いた位置情報取得のカット。
    [設定]⇒[位置情報とセキュリティ]⇒[ワイヤレスネットワーク]をOFFにする。
  2) バックグラウンドデータ通信のカット。
    [設定]⇒[アカウントと同期]⇒[バックグラウンドデータ]をOFFにする。
  3) 予定同期およびバックグラウンドデータ通信のカット。
    [設定]⇒[アカウントと同期]⇒[自動同期]をOFF(又はグレーアウト状態)にする。
  4) データのバックアップ (Googleサーバーとの自動通信)のカット。
    [設定]⇒[プライバシー]⇒[データのバックアップ]をOFFにする。
  5) 時刻自動補正のカット。
    [設定]⇒[日付と時刻]⇒[自動]をOFFにする。
    ※でもこのくらいは良いかと、私はOFFにしていません。
    (ひょっとしたら3GがOFF時はインターネットで時刻調整しているかも・・・)
  6) 3Gパケット通信を全てをカット。
    [設定]⇒[ワイヤレス設定]⇒[モバイルネットワーク設定]⇒[データ通信を有効にする]をOFFにする。
  ※尚ここでカットした機能は、必要に応じ別途導入するウィジェット(【対策⑪】を参照)からStart出来る様にしてあります。


【対策②】キャリアメール(@ezwebメール)の設定(その①:純正メールアプリの設定変更)
  auのキャリアメール(E-Mail・@ezwebメール)の送受信は3Gパケット通信専用となっています。
  (WiFi接続時も、キャリアメール(@ezwebメール)の送受信に限っては自動的に3Gパケット通信の割込みが発生します。)
  今回の設定変更に伴い、3Gパケット通信は「通常は使用しない」と変更してあるので、直接の3Gパケット通信は発生しない予定ですが・・・
  何かの拍子に3Gパケット通信の許可を与えた瞬間に、大量のメールデータを受信すると一発でパケット最低値を超えてしまう危険性が!
  その対策の為にキャリアメール(E-Mail・@ezwebメール)のメールアプリに対し以下の設定を行います。
    [E-Mailアプリ]起動⇒[menu]キー⇒[設定]を選択⇒[Eメール設定]を選択⇒[受信・表示設定]を選択し以下のような設定変更を行う。
     1)[メール自動受信]   :チェックOFF(自動受信を行わない/受信を行う場合は、手動で「新着メール確認」を行う)
     2)[メール受信方法]   :差出人・件名受信(本文はメール選択時に受信を行う)
     3)[添付自動受信]    :チェックOFF(自動受信を行わない/受信を行う場合は、本文受信後に手動で受信を行う)


【対策③】キャリアメール(@ezwebメール)の設定(その②:迷惑メールの対応)
  上記「【対策②】」の設定に加え、通信量を抑える為に迷惑メールの対策を行います。
  今回行った対策は、キャリアメール(@ezwebメール)へのPCから発信されたメール及びなりすましメールの抑制を実施することとした。
  (尚、今後PCから発信されたメールの受信はWiFi環境でも受信できるG-Mailへ移行する。←メールを送る友人等への告知が必要)
    [E-Mailアプリ]起動⇒[menu]キー⇒[設定]を選択⇒[Eメール設定]を選択⇒[その他の設定]を選択し
    メールサーバへ以下のような設定変更を行う。
    (要3Gパケット通信)
    (au電話契約時に設定した暗証番号が必要)
  ※パケット通信も許可を与えた後、[迷惑メールフィルター]を選択⇒[暗証番号]を入力⇒[詳細設定]を選択し以下のように設定を行う。
    [一括指定受信]
      ⇒「インターネット」のチェックを外す
    [なりすまし規制]
      ⇒「(高)設定にする」を選択
    [指定拒否リスト設定]
      ⇒「設定する」
  ※これで迷惑メールは大幅になくなるはずです。それ以外の設定はご自身の環境に合わせて設定をしてください。


【対策④】キャリアメール(@ezwebメール)の設定(その③:キャリアメールをWiFi環境で送受信出来るようにする)
  3Gパケット通信料抑制の為、3Gパケット通信OFFや上記「⑤、⑥」の様なキャリアメール(E-Mail・@ezwebメール)の設定を行ったが、
  今まで長年使用してきたキャリアメール(E-Mail・@ezwebメール)が殆ど使用できなくなる環境は流石に痛い。
  と言う訳で、裏技的方法?でキャリアメール(E-Mail・@ezwebメール)をWiFi環境で使用できる設定を行ってみました。
   1)パソコンよりAuOneサイト(http://auone.jp/)にアクセスする。
   2)IS04購入時に設定したAuOneアカウントでログインを行いログイン出来ることを確認する。
   3)AuOneサイトをログオフする。
   4)以前使用していた普通の携帯電話(ガラケー)にSIMカードを入れ替え、
    ケータイの「メール設定」→「メール詳細設定」→「Eメール設定」→「その他設定」から、「auoneメールへ自動保存(通信料有料)」を選択する。
    (これでezweb.ne.jpに受信したメールは同時にauoneメールに転送されることになります。)
    (尚、以前使用していた普通の携帯電話(ガラケー)からでは無く、パソコンからも直接設定できる模様です。)
   5)パソコンよりAuOneサイト(http://auone.jp/)に再度アクセスし、ログインする。
   6)auOneトップ画面から「メール」を選択する。
   7)画面の右上にある「設定」を選択⇒「メール転送と POP/IMAP」→「IMAP アクセス」→「IMAP を有効にする」→「保存」を行う。
   8)auoneメールパスワードの設定を行う(auoneメールの実態はGoogleメールです)
     a.「auoneメール」のメニューから[Googleアカウントの設定]選択
     b.「Googleアカウント・個人情報の設定」画面が出たら[パスワードを変更する]をクリック
     c.「パスワードを変更」画面が出たら[メールパスワード設定]をクリック
     d.「本人確認」画面が出たらauone-IDのパスワード
     e.「メールパスワードの設定」画面が出たら新たにメール用パスワードを設定、登録を行う。
   9)Android端末(IS04)に設定したauoneメールアカウント(実態はGoogleアカウント)追加行います。
     [設定]⇒[アカウントと同期の設定]⇒[アカウント追加]⇒[Googleアカウント]⇒[Googleアカウントをお持ちの場合・ログイン]を選択
     ・ユーザー名にauoneメールのアドレス(註:@auone.jpまで入力/通常のGoogleアカウントとは異なります。)
     ・パスワードに先ほど設定したメール設定パスワード(註:auone-IDのログインパスワードではありません。)
   10)Gmailとの同期を選択する。
  ※これで、キャリアメール(E-Mail・@ezwebメール)をauoneメール経由でGmail(WiFi)で受信することが可能となります。
   (尚この設定を行うと、受信するAndroid端末はどこの通信会社のものでも送受信可能となります。)
  ※この設定を行ったキャリアメール(E-Mail・@ezwebメール)で携帯宛メール送信を行うと、送信先のセキュリティ設定によっては
   「なりすましメール」「インターネット経由の送信」と見なされ受信拒否される場合があるので注意が必要です。


【対策⑤】「アカウントと同期の設定」の見直しを行う。
  連絡先、Gmail、カレンダーなどGoogleアカウントとの自動同期は大変便利な機能ではあるが・・・
  同期ONにしておくと常に通信を行っている状態となってしまいます。
    (ま~【対策①】で「OSの自動通信関連設定」の「予定同期およびバックグラウンドデータ通信」をOFFしているので大丈夫なのですが(笑))
  と言う事で私は緊急性のあまり無い
     ・連絡先を同期
   ・カレンダーを同期
    は個別設定で同期OFF(必要に応じ手動で同期)としています。
  (Gmailに関しては同期ON⇒別途導入するウィジェット(【対策⑪】を参照)で同期ONにすると自動同期されるようにしています。)
  尚、設定方法は[設定]⇒[アカウントと同期]で行えます。


【対策⑥】Androidマーケットのアプリ更新通知&インストール済みアプリの自動更新を止める。
  Androidマーケットから導入したアプリは設定によりバージョンアップの更新通知、アプリの自動更新が行われます。
  (当然、そのためにはデータ通信が発生する。)
  自宅無線LAN(WiFi)環境以外でデータ通信を抑制する為にアプリ更新通知&インストール済みアプリの自動更新の設定をOFFにする。

  【アプリ更新通知のOFF】
    ・「Androidマーケット」にログインし[menu]キー⇒[設定]を選択⇒[通知]メニューを「通知しない」に変更する
  【インストール済みアプリの自動更新のOFF】
    ・「Androidマーケット」にログインし[menu]キー⇒[マイアプリ]を選択⇒導入済みアプリを1個ずつ選択
     「自動更新を許可」にチェックが入っていないことを確認する。(チェックが入っていた場合はチェックOFFする)

  ※この操作を行うと、アプリの更新通知や自動更新が行われないので、自宅無線LAN(WiFi)接続時などに定期的にアプリのチェックを
   行う必要があります。


【対策⑦】Au Oneマーケットのインストール済みアプリの自動更新を止める。
  Au Oneマーケットも、マーケットから導入したアプリ(含むプリインストールアプリ)は設定によりアプリの自動更新が行われます。
  (当然、そのためにはデータ通信が発生する。)
  自宅無線LAN(WiFi)環境以外でデータ通信を抑制する為にインストール済みアプリの自動更新の設定をOFFにする。

  【インストール済みアプリの自動更新のOFF】
    ・「Au Oneマーケット」にログインし[マイアプリ]を選択⇒導入済みアプリを1個ずつ選択
     「自動更新を許可」にチェックが入っていないことを確認する。(チェックが入っていた場合はチェックOFFする)

  ※この操作を行うと、アプリの更新通知や自動更新が行われないので、自宅無線LAN(WiFi)接続時などに定期的にアプリのチェックを
   行う必要があります。


【対策⑧】Skype_au を使用している場合、使用を止める(又はサインアウトしておく)
  現在、Skype_auはroot権限でアプリを削除してあるので私には関係ないが・・・

  au専用のSkype_auはWiFi使用時でもデータ通信に3Gパケット通信を使用しています。
  (音声通話部分は、不確定情報ではあるがデータ回線ではなく電話回線を利用しているとの情報が・・・)
  従って通信料を抑える為、通常はSkype_auの使用を一切中止する。
  尚、IS04のSkype_auはプリインストールアプリで本体から削除は不可能(その上、タスクを切っても自動的に立ち上がるゾンビアプリ)な為、
  アプリにサインインしない事(サインインしてしまったら手動でサインアウトしておく)通信を抑える事とする。


【対策⑨】不要なアプリケーションを止める。(ソフトの自動通信を抑える)
  ※必要だと思う人のみ実施してください(私は行っていない)

  Androidアプリは、思いの他自動通信を行っています。
  (このアプリはデータ通信など行っていないと思って使用していたら、実際には通信を行っていた等と言う事は沢山ある。)
  (例としては無料アプリに表示される広告など)
  データ通信量の抑制の為には、使わないアプリのタスクを終了させることは大変有効な方法です。
  また、使わないアプリのタスクを終了させることによりメモリやCPUの有効利用、電池消費量の減少(稼働時間を長くする)など二次的な
  メリットもあります。
不要なアプリを自動的に止めるアプリ(タスクキラー系アプリ)としては「Advanced Task Killer(Froyo)/Android2.2用」などが定番アプリ
  として有名です。

  しかし・・・
    私は有効であると思われる自動のタスクキラー系アプリを利用していません。
  理由は
   ・Android_OS_Ver2.2以降はメモリの最適化が行われメモリの有効利用に疑問がある。
   ・不用意に自動タスクキラーを行うと端末が不安定になる。
   ・自動タスクキラーアプリは電池を食う傾向にある。
   ・root化を実施した際、不要なアプリの削除を行った
    などです。
  自動のタスクキラー系アプリは諸刃の剣です。
  使用する場合は、良く考えて使うことをお勧めします。


【対策⑩】IS04のWiFi環境が自動的にOFFにならないようにする。
  IS04はWiFi接続されていても、スリープ状態になると省電力の為か自動的にWiFiから3G回線に切り替わってしまいます。
  この余計な機能をOFFするためのアプリ「REGPON wifi KeepAlive」を導入しています。
  このアプリはWiFi利用中はスリープ状態になってもWiFiを切断しないようにするアプリです。

  注1)このアプリを導入するとスリープ状態でもWiFiが有効状態となるので電池の持ちが悪くなります。
    (3Gパケット通信を[設定]などでOSレベルでカットしている場合はあまり必要性は無いかも?)
  注2)OSのバージョンがAndroid2.2の場合は必要が無いと言う意見もあります。(私は導入していますが・・・)


【対策⑪】ウィジェット(私はSwitchProを利用)を利用し、運用ケース毎に設定を変更する。
  最後に、便利機能を!
  いくらデータ通信量(料)抑制の為とは言え
  その都度「設定」メニューから設定変更は大変。
  と言う事で、設定変更を行えるウィジェット(私はSwitchProを利用)の登録を行います。

  設定変更のウィジェットと言うと「Widgetsoid2.X」が無料で便利なのですが・・・
  IS04の場合3Gパケット通信のON/OFFが正常に稼動しない(泣)。
  と言う事で私は有料の「SwitchPro」を利用しています。
私がSwitchProで登録している主な通信関係の項目は
  ・3Gパケット通信のON/OFF
  ・WiFi通信のON/OFF
  ・自動同期のON/OFF
  ・BluetoothのON/OFF
  です。


★以上で「レグポン(IS04)のデータ通信量(料)抑制対策」のお話は終了。
   単に「データ通信量(料)抑制」と一言で言っても、有効に実践しようと思うととても大変なことです。

テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/25(金) 22:13:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝Root化③・私のレグポン(IS04/Android Ver2.2.2)の現状

今回もレグポン(androidスマートフォン/IS04)のお話です。


無事に我がレグポン(IS04)もroot化出来たので現状の設定を纏めて見たいと思います。

●キャリア(au)の契約状態
   基本使用料(プランSSシンプル) : 934円(「誰でも割」適用)
   IS NET              :  300円
   ダブル定額              : 2,000円
   安心ケータイサポート          :  300円
   ユニバーサルサービス料        :   7円
   毎月割(auキャンペーン割引)     : -1,334円
   携帯割賦料金支払い : 2,625円
   消費税                :  110円(934+300+2000+300+7-1334の5%)
                    --------------------
   合計                   4,942円

   ※通常、通話料は無料通話内で収まっている。
   ※パケット量はダブル定額の下限(40,000パケット:約4MB相当)で納まるようにしている。

   ⇒パケットし放題(ISフラット)など取止めたのに意外と料金が掛かる。
    やはりまだ高いうちにIS04を購入したのが理由だが・・・


●私のレグポン(IS04)の使用内容
   現在、レグポン(IS04)は主に音声通話(要は電話)としてのみ使用。
   データ通信に関してはもう一台のAndroid端末(DELL Streak←契約上、音声通話は不可)を利用しています。
   但し、
   【自宅】では光回線に設置した無線LANを利用してのWiFi通信。
   【屋外】では一台のAndroid端末(DELL Streak)をWiFiマスター機器にしてのWiFi通信。
       又は、OPEN_WiFiが見つかった場合は、それを利用してのWiFi通信。
       (緊急時には出来る限りパケットが発生しないように心がけながら3G通信を行う場合も)
   を行う場合もあります。


●レグポン(IS04)に導入済みの主なアプリケーション(プリインストールアプリを除く)
・GO Launcher EX       [無料]   ホーム(ランチャー)アプリ
                        超メジャーなランチャーと言うわけでは無いが、無料で動作も軽く使いやすい。
                        カスタマイズも優れ、日本語対応となっている。
・QRコードスキャナー     [無料]   QR コードを読み取るアプリ
                        雑誌、ネットなどからQRコードを読み取ることが出来るのでandroid端末の初期
                        カスタマイズ時には重宝した。(Android必須アイテム)
・PowerAMP Music Player   [有料]   私にとって使用頻度が一番高いアプリ。
                        現在、高機能なプレーヤーは沢山あるがこれは音楽専用のプレーヤー。
                        その上「有料」。
                        このアプリに行き着くまで色々なアプリを使用してきたが、これが一番。
                        特にイコライザーで好みの音を作ると、他のプレーヤーは使えなくなります。
・Raziko           [無料]   Android端末でIPサイマルラジオ放送を聞く為のアプリ。
                        正規のRadiko.jpとは異なり、エリア外の放送も聞くことが可能となっている。
・ジョルテ          [無料]   超メジャーなシステム手帳風スケジューラー
                        やはりメジャーなだけあって使いやすい。
・g電話帳          [無料]   電話帳アプリ
                        レグポン(IS04)標準の電話帳が「糞アプリ」だったので・・・
・Battery Indicator     [無料]   バッテリーの残量(数値)をステータスバーで確認できるアプリ。
                        とにかくシンプル。特別な設定など何も必要の無いアプリです。
・発信確認 Call Confirm   [無料]   タッチをミスなどで誤って電話を掛けてしまう事を防ぐアプリ。
                        電話帳編集などをしていると誤って電話発信をしてしまうことも・・・
                        このアプリを入れておくとは電話発信をしようとすると、一度本当に発信する?
                        と確認をされるので間違い発信を防ぐことが出来ます。
・ESファイルエクスプローラー [無料]   日本語メニューで快適操作のファイル管理ツール
                        昔からPCをやっていると、やはりファイル管理ツールは必須。
                        SDカードの内容を確認したり、変更したり・・・
                        このアプリは単なるファイル管理に留まらず、ネットワーク機能、タスクマネージャー機能
                        そしてroot化してある場合はSystemの変更まで可能な高機能なアプリとなっています。
                        (root化端末にとっては必須アプリでしょう)
・On Air(WiFi Disk)    [無料]   Wi-Fi通信によるAndroid端末?PC間のファイル転送を行うアプリ。
                        これを使用するまで、Android端末?PC間のファイル転送にはUSBケーブルが必ず必要だったのですが・・・
                        このアプリで一気に解決。
                        手軽に使い慣れたFTP(HTTP(WebDAV)、AFPモードもあります)にてファイル転送が出来るように!
                        まさに私にとっての「神アプリ」でした。
・KeepScreen(now free)   [無料]   指定したアプリが稼動中の場合、端末がスリープ状態にならないようにするアプリ。
                        「On Air(WiFi Disk)」で大量ファイル転送中に端末がスリープ状態にならないようにする為導入しました。
・Widgetsoid2.X       [無料]   様々な機能の切り替えスイッチと時計表示などが可能なウィジェットを作成できるアプリ。
                        これだけの機能で無料だと言うのは非常にありがたい。
                        まさに「神アプリ」です。
・SwitchPro Widget      [有料]   「Widgetsoid2.X」同様、様々な機能の切り替えスイッチなどを設定可能なウィジェットを作成できるアプリ。
                        「Widgetsoid2.X」ではIS04の3Gパケット通信の有無が設定できなかった(項目は有るが有効にならない)
                        のですが、このアプリでは設定可能に!
                        その為、同じようなアプリではあるが一部機能はこちらのウィジェットを使用しています。
・REGPON wifi KeepAlive   [無料]   WiFiがスリープ時にOFFになるのを防ぐアプリ。
                        WiFi⇒スリープ(WiFiがOFF/3Gが有効)⇒復帰(WiFiがスキャンされ有効になるまでは3Gが有効状態)
                        自宅では3G回線を一切使用したくないため導入。
                        欠点は電池食いであるアプリと言う事ですが(笑)
・Android Terminal Emulator [無料]   Android端末エミュレータ。
                        root化設定時に導入。(ある意味root化必須アプリ)
                        ま~使う/使わないに係わらずroot化端末には必ず入れていたほうが良いアプリです。
・Titanium Backup★root   [無料]   最強のアプリバックアップアプリ。
                        root化設定時に導入。(ある意味root化必須アプリ)
                        有料版もあります。

  ※上記以外にも、多数のアプリをインストールしてあります。
   Android端末は色々と便利なアプリをインストールし、使うことも楽しみの一つですから・・・
   (でも、あるアプリをインストールしたら不安定になった等という事も・・・アプリを選択・インストールすることも自己責任の一つですから(笑))


★今回の記事はここまで。
 次回は「レグポン(IS04)のデータ通信量(料)抑制対策」について記事にしたいと思っています。


テーマ:風景写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/24(木) 18:33:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

妖怪カメラマン「ぬらりひょん」

Author:妖怪カメラマン「ぬらりひょん」
FC2ブログへようこそ!

只今の時刻

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。